~kurimu’s~All handmade diary

木工 / 友禅描き&刺繍 / 羊毛 / 編み物 / 創作人形

2018年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

羊毛 白猫 ポーズ可動 手のひらに乗るサイズ

     今回は、「羊毛猫をどこまで可動できる」?をテーマとし
     芯材に着目して研究し 作ってみました。

     出来る限り、ポーズを変えてみましたよ。

     まずは、立ちポーズ~ ⤵

     P1070001.jpg

  お座りポーズ ⤵

    P1070018.jpg


  ここからは、いろんなポーズをご覧ください(=・ω・=)にゃ~♥

     P1060999.jpg


     P1060992.jpg


     P1070014.jpg


     P1070009.jpg

     P1070011.jpg

   
     P1070023.jpg


 1体で、いろんなポーズの変化は、動物好きにはたまりませんよね。
 
 かなり、成功度は高くなりましたが、
 ポーズを変える際には、その度に毛並みを整えてあげなければ
 ボッサボサになったり、毛抜けの原因になっちゃいそうです(´;ω;`)ウゥゥ

 ときどき変える分には、しっかり植毛しているので
 ポーズを変えた際には、まゆげ櫛で軽く整えてあげれば
 あまり問題ないように思えます。 

 ちなみに、写真の猫ちゃんは短い毛並みですが、
 毛並みを直すことなく、ポーズを一気に変えて写真を撮りました。  


「ぬいぐるみ 可動」で検索してみると、「トイスケルトン」という名の、芯材が主に使われているようです。
しかし、品切れのようですし、芯材としては高価格・・・w( ̄o ̄)w 

オリジナルワイヤーを使って、もう少し改良してみようと思います。

       ランキングにチャレンジ中です。応援よろしくお願いします(o*。_。)oペコッ
                   にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
 

| 羊毛フェルト | 11:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |