FC2ブログ

~kurimu’s~All handmade diary

木工 / 友禅描き&刺繍 / 羊毛 / 編み物 / 創作人形

≫ EDIT

小さな裁縫箱ーレトロな形ー

      バルサ板で、レトロな形の裁縫箱を作ってみました。

      P1090442.jpg

      引き出しも開きますよ ⤵

      P1090447.jpg

      P1090445.jpg

      P1090444.jpg


 
      作業工程もピックアップしました(=∀=)

   ① まず、いつもの通り我流の製図を書きます。

    P1090457.jpg

    P1090451.jpg

    P1090453.jpg

   
   ② 次は、板を切っている所です。
     鉛筆線より 1~2㎜横を切っていきます。
     (要するに、鉛筆線を残すようにカットすること)

     P1090420_2018102008583487f.jpg



     この後の作業が大事な所で・・・
    
   〇板と板を貼りあわせたりする前に、板が45度角になっているか
    直角定規の内側で確認し、いらない部分をカットし貼る方法と、
   〇貼りあわせた後、仕上げにヤスリやカンナなどで補修する方法があるようです。

   美しく仕上げる方法ですので、臨機応変で作業を進めていきます。

      
     必要な板を切り、番号通りマスキングテープに書いて貼っておきます。

      P1090422.jpg

  
  ③ さ~て、ここからは組立作業に入ります。

      P1090431.jpg


    ミニチュアなので、くぎを使わない代わりに
    ボンドでとめて、しっかりと固定し、1~2日置きます。

    棚も接着し、外枠がほぼ出来ました。    

      P1090434.jpg


  ④ 同じ要領で引き出しも作って、
    ウッドビーズとビーズをワイヤーに通して、
    取っ手を取り付けました。

      P1090458.jpg

    取っ手がはずれないように、内側からも板で固定しました。

      P1090460.jpg


    この裁縫箱は、このままで・・・

    次の木工は、板を変えて(ヒノキや桐etc)同じように作って   
    最後にアンティーク風にペイントをしてみようと思います。

     
            最後までご覧いただきありがとうございます。
            オリジナルを目指して頑張っています。
            応援をポチッとお願いします (〃▽〃)
                      ⤵
                  ハンドメイドブログ ハンドメイド作家志望へ

| ミニチュア木工 | 09:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手作りの箱を作ってみました。

   今回は、淡いピンク色の和紙を利用して箱を作ってみました。

   P1070649_2018101308461684a.jpg

   P1090348.jpg


  サイズは、横約22.5cm×縦約24.5cm×箱の厚さ約11.5cmです。

以前から、自分サイズの箱が欲しくて「いつか作ってみたい! と
色々と調べた結果、
 まずは、木工と同じで製図をおこす所から始めました。

   P1090336_20181013085445090.jpg

   P1090338_20181013085446a0e.jpg

土台は、2㎜厚のボール紙で
ふた付きタイプの事を考えて、製図を書いていきます。
(ボール紙の厚さが、1.5㎜~2㎜だと しっかりとした箱ができるそうです)


ボール紙を製図通りにカットし、組み立てた所です ⤵
開け閉めが、うまくいくか調整しながら確認します。

   P1090330.jpg

四隅は、セロテープで仮止めしました。

いよいよ本貼りですが、その前に和紙は直接貼ると 箱の色が透けるので
いらなくなった障子紙を内貼りしました。

箱の中には、モミジの押し花の和紙を以前購入していたのを
利用してみました。

   P1090334.jpg

  空いたスペースに和紙をちぎって、モミジ風に貼ってみました。

   P1090346.jpg

  外側の本貼りも仕上げと( ^ω^)・・・

   P1090352_201810130912049b7.jpg

  P1090357.jpg

  P1090359.jpg

初めての箱作りでしたが、
一貫張りやカルトナージュほど難しくないです。

これからは、オリジナルの箱を作って
手作り作品を入れてプレゼント用にもいいですよねo(^▽^)o



            最後までご覧いただきありがとうございます。
            オリジナルを目指して頑張っています。
            応援をポチッとお願いします (〃▽〃)
                      ⤵
        
                  ハンドメイドブログ ハンドメイド作家志望へ

| 手芸色々 | 08:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2019創作人形 完成編 ‐あやとりできたぁ~‐

  来年(2019)に向けて、創作人形が完成しました。

  P1090361.jpg

  時代は、昭和初期のイメージで、
  女の子が やっと1人あやとりができるようになり、
  お婆ちゃんにドヤ顔で自慢げに見せているシーンです。

  女の子 「 みてみて~ ほら あやとりできたよぉ~ 」
  おばあ 「 あらあら、ホントだねぇ 」

  ・・・と、お婆ちゃんが女の子の頭をよしよしと なでてています。


   P1090367.jpg

   P1090370.jpg


  P1090372.jpg


  女の子は、頭が左右上下に動かせるようにしています。

  P1090373.jpg

  P1090375.jpg


  皆様にも見せたいようで・・・両手を上げてと( ^ω^)・・・

  P1090376.jpg

  
  最後に、お婆ちゃんのお顔をアップしてみました。

     P1090364.jpg


 次の創作人形は、ひっぱり人形(抱き人形)にチャレンジしてみたいと思います。
 今までと違う人形の作り方なので、私自身スッゴク興味があります。
 お愉しみに~~(o‘∀‘o)*:◦♪
  
    
         最後までご覧いただきありがとうございます。
         オリジナルを目指して頑張っています。
         応援をポチッとお願いします (〃▽〃)
                      ⤵
             

| 創作人形 | 08:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドールハウスボックスを作ってみました♪

  今まで作り貯めておいた猫の着せ替え人形の
  ドールハウスボックスを作ってみました。
  
  完成したのが、こちら~ ⤵

P1070708.jpg

      
    サイズは、高さ約22cm×横約23.5cm×奥行約9cmです。
    
    まずは、大体の設計図を書きました。
       
    P1090294.jpg

  
  設計図を書くことによって良い点は、
    ・ どの厚さの板のサイズを用意するか
    ・ 何枚必要か
    ・ 蝶番(ちょうつがい)や付属品が何個必要か etc

  最初にピックアップできるので、
  お店に行っても無駄買いがなく、ほぼ一回で済みますよ。
  
  設計図を書くなんて面倒くさいのですが、
  楽しい木工づくりは、後にとっておいての・・・
  ‘急がば回れ’です( ̄^ ̄)ゞ

 板を購入し、設計通りの板サイズに切り出した所です ⤵
     P1090298.jpg


 ボックス型のドールハウスなので、箱を作りました。

     P1090301.jpg


 ※木工の基本は、常に45度角になっているかどうか
   直角定規をあてながら作業を進めていきます。

 この箱は、ボンドで貼りあわせて ゴムバンドで1~2日固定しました。 


 扉と内側の小さな板や棒を置いてみた所です(ボンドはまだ貼っていません)
 こんな感じで、いいかな~?と思ったら、
 薄く鉛筆で板の印をしておきます。
  
   P1090307.jpg

 内装工事をし蝶番、マグネットを止めて、外側を面取りし
 外側と内側にミルクペイントを塗りました。

    P1090321.jpg

   
     P1090318.jpg  

 少しずつですが、将来は人形サイズにあわせた家具などを作ってみようと思います。
 でも今は、燃え尽き症候群になっているみたい・・・(^▽^;)
 こんなんじゃあ ダメだっつつ 次に向けて頑張らないと・・・(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

 はぁ~ 自分と戦うのが一番きついのかも??

        
            最後までご覧いただきありがとうございます。
            オリジナルを目指して頑張っています。
            応援をポチッとお願いします (〃▽〃)
                      ⤵
                 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家志望へ

| ミニチュア木工 | 09:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続: 全身可動 サバトラ猫のニットとスカート編

   今回は、サバトラ猫ちゃん用にニットとスカートを
   コーデェネイトしてみました。

        P1070606_201809220836209f9.jpg

        P1070610.jpg


        P1070603_201809220836184fe.jpg


        P1070596_20180922083617dd1.jpg

     
  ニットは、刺繍糸とグラデーションレース1本ずつでワイヤー0.9㎜で編み、
  帽子とスニーカーは、レース糸でレース針8号で作りました。

   P1090316.jpg

   デニムスカートは、こんな感じ~

         P1070585.jpg

         P1070593_2018092208441364e.jpg

   デニムスカートをミシンで縫っている所 ⤵

         P1090273.jpg

         縫って、つなぎあわせた所です ⤵

         P1090284.jpg

         大きさは、マッチ箱サイズぐらいになりました。

         P1090288.jpg


         
        これまでに猫サイズにあわせた服を4着作ったので、
        ついでに、ドールハウスみたいなものも作ってみました。
        次回、アップしますので、お愉しみに~~(o‘∀‘o)*:◦♪

      
              最後までご覧いただきありがとうございます。
              オリジナルを目指して頑張っています。
              応援をポチッとお願いします (〃▽〃)
                      ⤵
                  ハンドメイドブログ ハンドメイド作家志望へ

| 羊毛フェルト | 09:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続: 全身可動 サバトラ猫のエプロンドレス編

    今回は、エプロンドレスを中心に仕上げてみました。

    
P1070581_20180918090019988.jpg

P1070567.jpg

    P1070569.jpg


    P1070570.jpg


    エプロンドレスの生地は、
    憧れのリバティの小柄模様です。

    いつかリバティ生地で、人形の服を作ってみたいと思っていたので
    満足しています(*’U’*)

     P1070535.jpg

     P1070538.jpg


    次は、レース糸#40とレース針8号でサンダルを編んでみました。

     P1070542.jpg

     P1070541.jpg

     P1070543.jpg


     P1070547.jpg

     サイズは、約2cmです。 足底には、布貼りをしました。
     取り外しもできるようにしています。     

    
   そして頭にかぶっているのは、ターバンみたいな子守唄を謡う時の人のような
   オリジナルデザインで、薄い絹地で作ってみました。
   ワンポイントとして、服のボタンと同じものをあしらいました。

       P1070560.jpg

    今回着用したアイテムたち~

       P1070556_2018091608553995e.jpg

    違うポーズもご覧ください。

       P1070577.jpg

       P1070571.jpg

       P1070529.jpg


           最後までご覧いただきありがとうございます。
           オリジナルを目指して頑張っています。
           応援をポチッとお願いします (〃▽〃)
                   ⤵
               ハンドメイドブログ ハンドメイド作家志望へ

| 羊毛フェルト | 09:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT